ティラノサウルス 全身骨格プラモデル2020年08月28日 22時47分32秒

某小学8年生が付録に付いてくるプラモ。
バンダイ製ということで注目を浴びてるヤツ。

オッサンホイホイだからプラモがメインで本は子供向けのオマケでしょと舐めていたら、結構しっかり掘ってるのね。昔は爬虫類然とした恐竜だったのに、新しい発見や研究によって毛や羽毛に覆われていたり、デカい代名詞だったブロントサウルス・ブラキオサウルスの名前もなかったり。他にもバンダイホビーセンターの金型と射出成型機に胸熱。


ティラノサウルス 全身骨格プラモデル

というわけで、ランナー。金型1枚分を途中で割って入れてる。
ポリキャップやデカールはなし。
骨の柔らかいラインで構成された中をよく見れば無機質な関節が混ざっている。


ティラノサウルス 全身骨格プラモデル

躊躇なくサクッと完成。台座も付いている。化石のくせに、全身やわプラ。
合わせ目は左右から挟み込みの頭部くらいかな。

実物はもっちょっと骨が細身だと思うけど、かなりリアルに再現されている。
肋骨周りなんてリアルすぎて、なんかグロテスクな感じさえするよ。

パーツ少ないくせに、首、足、腕、尻尾と可動箇所は結構ある。

塗装なくても十分リアルだけど、いつかシタデルで塗ってやりたいな。


ティラノサウルス 全身骨格プラモデル

大きさは22cmって書いてあるが、スケールは不明。
ナウシカと並べるとしっくりくる大きさ。カイに乗せるために接着固定しちゃったけど、ティラノサウルスでもナウシカなら乗りこなしてくれるはず。

恐竜骨格プラモはトリケラトプスが出るようなので、それにも期待。
あと、バラモスゾンビ出して欲しいと思った。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://skyline.asablo.jp/blog/2020/08/28/9289839/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。