MG フリーダムガンダム Ver.1.02024年02月10日 22時53分57秒

ガンダムSEED FREEDOMの公開に合わせたわけではないがMG フリーダムガンダム Ver.1.0。ストライクでもライジングでもマイティーでもパーフェクトでも上海でもない素のフリーダム。
個人的にはSEED DESTINYは疑問に思う設定が多々あり、SEEDは素のSEEDが一番楽しめる。まだ映画が見てないけどフリーダム系で一番好きなのは素のフリーダムかな。

例によってジャンク。出品者が状態をよくわかってないようで一通りの写真があり、台座がないのと、他のキットの説明書やパーツが混じっている状態の謎ジャンクだ。袋が未開封だし、取説やシールも揃ってそうなので購入。謎のジャンクだったが、台座以外の欠品はなく勝利確定なのでしばらく積んでいたが、映画で思い出し箱がなくて邪魔なので作ってしまおうというわけだ。


MG フリーダムガンダム Ver.1.0

2004年発売で3,800円+税。今から20年前のキット。
しかし、作ってみてびっくりのハイクオリティのキット。SEEDのMG ストライク(ルージュ)は作ったことがあるが、そのストライクと時期的に大差ないはずなのに、パーツの精度が一気に進化している。バチピタってやつですな。そして、この執念の色分け。唯一ビームライフルの青が色分けされてないのが残念だが、シールドは組んでそのままでこれ。
ABS関節が時代なりだし、銃と手にピンがなく掴むだけしかないのが欠点と言えるくらい。


MG フリーダムガンダム Ver.1.0

デカールはザフト使用とキラ仕様が選べるが、ザフト仕様で作ってみた。リバーシブルでキラ仕様にもできるようにしたが。
細かい点を言えばガンダムデカールがやっぱり難しいと思うので、水転写デカールにして欲しいところだ。
背負い物が重いのでコケやすいが、羽根を支えにしてしまえばいい。

MG フリーダムガンダム Ver.1.0

台座欠品のジャンクだったのでMGストライクルージュの台座を拝借して、ハイマットフルバーストとか言われる射撃状態。
翼を広げた高機動状態のハイマットとビーム砲台と化すバーストモードは両立しないはずだったが、大人の事情でできるようになった。
劇中ではド派手にビームエフェクトをまき散らしていたが、実は武器は4本+ビームライフルしか撃ってない。


MG フリーダムガンダム Ver.1.0

劇中の立体物にはVer.1.0の方が近いが、過剰にアレンジされたというVer.2.0も作ってみたいね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://skyline.asablo.jp/blog/2024/02/10/9658148/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。