HGUC ガンキャノン (REVIVE)2020年04月18日 21時25分02秒

コロナに負けるな、積みプラ消費
ということで、ほぼ積んでない奴だけど、HGUC ガンキャノン No.190いわゆるREVIVEを作った。1999年にHGUC第一弾として発売されたガンキャノンから、時を経て2015年にガンダム35周年の記念モデルとしてリニューアルされたガンキャノン。

うちにはガンダムは何体もあるし、ガンタンクもいる。
なのに、なぜかいないぞ、ガンキャノン。これじゃあ、ジオン軍に勝てない。
ということで、ちゃんとガンキャノンを配置した。V作戦コンプリート。
旧HGUCのガンキャノンは完成品を友達からもらったことはあるが、自分で作ってないし、あまりガンキャノンに縁がないのかな。


HGUC ガンキャノン (REVIVE)

HGUCシリーズ第一弾のガンキャノン、そしてREVIVEシリーズ第一弾のガンキャノン。共にバンダイの技術が注ぎ込まれたキットだ。旧HGUCではシールだったゴーグルが、REVIVEの方はクリアパーツになっている。
アレンジの強いプロポーションは好みが分かれるところだが、色分けはさすがにほぼ完璧でバルカンと胸のサイドのイエローを塗った程度。

機体番号のデカールが付属して、カイ・シデンの108、ハヤト・コバヤシの109、劇場版で一瞬映った203号機から選択できる。

これはカイ・シデンの108にしようと思ったが、シール貼る前にうっかりつや消し吹いてしまった。つやアリクリアーで均したりして貼れないこともないが、このまま完成でいいや。左足の合わせ目の上にシールを貼るのも変だと思うし。


HGUC ガンキャノン (REVIVE)

旧HGUCでは付属していたはずのスプレーミサイルランチャーはREVIVE版では付属しない。REVIVEの方が値段が高いので、旧HGUCに劣らないようにちゃんとつけて欲しいものだ。プレバンのリアルタイプカラーのREVIVEガンキャノンには付いているんだし。

とりあえずV作戦揃ったので満足だ。
装甲分厚いんだけど、中距離支援機なんだよね、こいつ。ガンタンクが遠距離支援で、ガンダムが対MS戦用。ジオンのMSは、中距離・遠距離支援の機体が少ないと思う。代わりに水陸両用が多くて、この辺にジオンの敗因がありそう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://skyline.asablo.jp/blog/2020/04/18/9236838/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。