フジミ クワガタムシ2020年02月18日 22時13分57秒

フジミ模型の自由研究シリーズのクワガタムシ。
カブトムシに続いて、順当なチョイス。

年末年始 NHK教育「昆虫すごいぜ」
バンダイ ダンバイン旧キット 再販祭り
フジミ 自由研究シリーズ

という、虫コンボにヤラレタ。


フジミ クワガタムシ

まさかプラモデルが入ってるとは思えないクワガタの箱。
立派なノコギリクワガタだ。
一部の亜熱帯を除いて、カブトムシと言えば日本ではあのカブトムシしかいないのに、クワガタはいくつか種類がある。オオクワガタはまだ見たことがないな。


フジミ クワガタムシ

カブトムシのキットと同じく、2匹セットなので1匹パチ組み。
めっちゃリアル。実物より大きめサイズ。

顎と触覚がキツくて嵌めにくかった。カブトムシに比べて全体的に嵌合がキツイ感じ。
パーツは少ないので、組み立ては簡単。


フジミ クワガタムシ

胴体の関節はゴムパーツになっているが、まさか胸部がまんまゴムパーツだとは。塗装するならプライマーでも塗らないと。

羽根は可動する。内側に半透明の羽根パーツを取り付けることも可能。

フジミ クワガタムシ

ひっくり返ると起き上がれない。

顎パーツはランナーのスイッチが付いているように見えるが、バリエーション展開するのかな。顎を変えたくらいでは、オオクワにもミヤマにもなれないが。


フジミ クワガタムシ

夢の対決。
いや、よくできたキットだわ。

カッコいいのはクワガタだが、カブトムシは大きくて存在感があってこっちも良いな。

さて、それぞれもう1匹ずつあるけど、どうしようかな。
慌てて作らなくてもいいか。

このシリーズちょっと高いが面白いので、惹かれる生き物が出たら買おう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://skyline.asablo.jp/blog/2020/02/18/9215374/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。