BNR32 トランク雨漏り修理(2)2015年04月05日 21時22分36秒

去年、修理したはずのトランクの雨漏りだが・・・

最近、なんか雨の後トランクの中がウェッティな感じ。

とりあえず内装を全部外して観察。
ちょっと水を流したくらいではわからないが長時間の降雨の後に確認できた。
右テールの方から漏れてますな。
やっぱ、ここだったか。
BNR32の定番の雨漏りで、テールランプとボディの隙間を埋めているブチルゴムが傷んで、そこから水が浸入する症状だ。

ということで場所が分かれば、早速修理。

BNR32 トランク雨漏り修理

まずは電球のユニットを外す。
そして、青い円で示した4箇所のナットを外す。
しかし、これだけでは外れない。
テールランプはブチルゴムでしっかり接着されているので、ドライヤーで暖めてゴムを柔らかくする。

テールランプの周りを満遍なく10分くらい暖めてゴムが柔らかくなってきたところで、むにょーとテールランプを引っ張り外す。

BNR32 トランク雨漏り修理

外れるとこんな感じ。
この黒い物体がブチルゴム。

テールランプがないと凄まじい廃車感がする。


BNR32 トランク雨漏り修理

そのままでは汚いので、ティッシュで包んで、むにっと引っ張りつつはがす。
ボディだけじゃなくて、テールランプ側もお忘れなく。

ゴムが他の所につくと真っ黒に汚れて大惨事になってしまうので注意。
とりあえずラッカーシンナーで溶かせるみたいだ。
ガンプラ用に買ったはずのシンナーだが、シールはがしや汚れ落としで半分以上消費してる・・・。

ゴムの除去は、ブチルゴムが結構粘り強くて、面倒くさい。
テールランプを外すだけなら30分足らずなのに、ゴム除去が一番時間が掛かった。

ゴムが除去で来たら、ホームセンターで買ってきたシーリング剤を使って接着する。
ガンプラの合わせ目消しの要領で、をボディ側とテール側にたっぷり塗って、むにゅっと嵌め込んで、ネジを元に戻して終了。

助手席側も近いうちに雨漏りするかもしれないが、運転席側だけで疲れてしまった。
助手席側がまだ雨漏りしてないんだから漏れたらやればいいさ。

さて、コレで大丈夫かなドキドキ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://skyline.asablo.jp/blog/2015/04/05/7605195/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。